ダイエット計画の鉄則!

「目標体重」をダイエットの目的にしすぎない事

◆「目標体重」をダイエットの目的にしすぎない事

これは以前からも何度もお伝えしてきている事ですが、ダイエットの計画を立てるときに、今の体重を何キロまで落とすか?という数字の上での目標にこだわりすぎない事!という事を、これから夏に向けてのダイエット計画の中では、特に重視して考えていくようにしてください。

ダイエットする事の目的というのは、美しくなる事!です。美しくなる事と、体重が40キロになる…という事は、全くイコールではありません。体重がどれだけか?という数字で、自分の価値が決まるわけではありません。

今現在の自分の体重が、世間一般的にはれているレベルよりも重い…という状態になっていると、どうしてもそのポイントに意識が行ってしまうのは仕方が無い事なのですが、これにこだわり過ぎると、ダイエット計画には必ず問題が出てきます。

これから食事制限などでのダイエットを考えている方に、今回でしっかり理解していただきたいことがあります。

ダイエットの失敗例として一番最悪なのが、急激に体重を落とそうと思って、辛い食事制限を行って、最初はある程度早いペースで体重は減っていたのだけど、我慢の限界がきて、ドカ食いをしてしまい、そのせいで体重が戻ってしまった…というパターンです。

食事制限で摂取する栄養を制限し、空腹を我慢するダイエットをしていると、体の筋肉量が落ちて脂肪の割合が増え、基礎代謝がどんどん下がってくる…という状態になりますので、こういった厳しい食事制限からダイエットに失敗してしまうと、以前よりも痩せにくい体になってしまう…という、非常に残念な結果になってしまいます。

ですので、生活や食習慣の見直しをして、日々の生活の中にどのぐらい運動を取り入れていくか?というような計画については、人それぞれという事になってくると思いますが、「極端に食事制限をするダイエット」については、もう今後は絶対にやらない事!という事を決めてください。

これも何度もお伝えしている事ですが、お腹が減っていないときに立てたダイエットの計画なんて、実際に空腹に耐えられない状態になっているときに、そのまま実行できるはずが無いんです…

必ず、1日に1回、もしくは数日に1回ぐらいは、きちんと自分の好きなものを食べられることを計画に入れてください。あとは、ダイエットの時に不足しがちな、タンパク質やビタミンミネラルなどをしっかりと摂取するという事も忘れないでください。

生活習慣の見直しを伴わない短期のダイエットは、本当に「短期」のものになってしまいます。そして、とっても非効率です。二週間で無理に落とした体重など、その後の1週間の食生活の乱れで、あっさりと利子が付いて返ってきます…

ダイエットの理想はやはり、 食生活の見直し + 運動をする という事です。

運動をはじめてしばらくは、筋肉がついて体重そのものはあまり減らないような感じになりますが、たとえ体重が同じであっても、体のラインやパンツのサイズなどに、しっかりとその結果は表れてきますgood

x ダイエット = 体重を減らす事
○ ダイエット = 美しくなる事

ですよっ!

この事を忘れた、非効率で本末転倒なダイエットとはお別れしましょう!

Copyright© 2011 ダイエット食品の選び方 成功するダイエット方法を専門家が解説! All Rights Reserved.
ダイエット食品 人気ランキング