プロの視点でサプリメントアドバイザーが解説

2011年2月の記事

ストレスで太る理由 ストレスはダイエットの大敵!

◆ストレスで太る理由 ストレスはダイエットの大敵!

よくストレスが溜まっているせいで食べ過ぎてしまい、
そのせいで体重が増えてしまった…というような話を聞きますが、
これはまさに他人ごとでも何でもなく、
私たち一人一人の生活の中にも、常に可能性のある話ですよね。

仕事や私生活でのストレスが多いことによって、
せめて食べる楽しみぐらいなければやってられない…
という気持ちになり、カロリー制限などを無視して食べ過ぎてしまう。
これは本当に辛い状態になってしまっている時には、
ある意味どうしようもない事だと思いますし、
この状態になってまで我慢しなければならない…というような事は、
私は健康のためにもおすすめ出来ません。

これまでも何度も書いていますが、
やはりストレスとどのようにつきあうか?という事は、
ダイエットをしていくことにおいて何よりも大切なポイントです。


最近ある脳科学の本で読んで知ったことなのですが、
これを理解する事によって、ストレスを溜めない事が、
どんなに大切な事か?ということの認識がさらに強まると思うので、
みなさんにもぜひしておいて欲しいと思います。

人間の体にとって、ストレスというのは、何も精神的なものだけではなく、
体が何らかの負担を感じている状態においては、少なからずストレスというものが発生しています。

そしてこのストレスを感じているときに分泌されるストレスホルモンは、
今後の生命維持活動のために脂肪をためておこう。というように働くそうです。


これは私たち人間が、原始人だった頃の事から考えてみれば納得できる話ですが、
ストレス状態が長く続く…という事は、人間の生命維持活動において、
何らかの問題が継続している…ということになりますので、
この先次いつ食料にありつけるかわからない…というような事になり、
体がそのためのエネルギーを蓄えておこう…というように働くのは、
ある意味とても自然な事だと思います。

このように考えてみると、同じカロリーを摂取しているとしても、
それをストレスがある状態で摂取したか、無い状態で摂取したか?
という事によって、体に蓄積される脂肪の量が違ってくるという事になります。


この理論を頭に入れた上で日々のダイエットの事を考えてみると、
我慢できる限界のストレス状態にさらされながら、
ぎりぎりの食事制限をする…というダイエット法というのは、
ある意味もっとも非行率なダイエットになってしまっていると思いませんか?

ですので正しいダイエットを考える場合には、

・空腹によるストレスを感じない適度な食事
・運動する事でのストレス解消とカロリーの燃焼・基礎代謝のアップ

を心がける生活というのが、
もっとも理想的な形になるかと思います。

ダイエットをしている時のカロリー計算を考える際には、
どうしてもトータルの摂取カロリーだけで計算を考えてしまいますが、
それがストレス状態であるとすれば、1割か2割増になってしまう…
というように考えておいても良いくらいかもしれません。

ここでもやはり重要なキーポイントになるのが
「運動」という事になりますね。

筋力がつくことでの基礎代謝のアップに加え、
運動には科学的にもストレス解消の効果がある事が立証されています。

ある程度運動を続ける習慣が身に付いていれば、
自分の中では「少しカロリーオーバーになるかな…?」というような食事であっても、
実際のところは全然体重は増えていかないどころか、減ってくる…というような、
理想的なサイクルを実現する事も可能になってきます。


また、当然運動する事によって、単純な体重という数字以上に、
引き締まった美しいカラダが手に入りますので、
そういう意味でのモチベーションUPにより、
さらにストレスがない理想的な状態を維持できるとすれば、
肉体的にも精神的にも、脂肪の付きにくい体質を維持できる事になります。

これからずっと、日々の暮らしでダイエットとは無縁になるような、
美しい体を維持していきたいと思えば、
このような理想的なサイクルを作っていくことを目指すのが、
とても重要という事になってきますね。

繰り返しますが「ストレス」による、
ダイエット効率の低下と、失敗の確率の増大はかなりのものです。

今現在食事制限のストレスを我慢しながら、
空腹を我慢できる限界スレスレの状態でダイエットしている方は、
ぜひそういったダイエットの考え方を改めてください。

その空腹の際には、当サイトで私がおすすめしているような、

「カロリーも低くてちゃんと味も美味しい」

ダイエット食品を上手に利用して、
ストレスを溜め込まないようにしてくださいね!

1